読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京8年、鹿児島Uターンのはずか長崎なう人生録

1986年生まれ。鹿児島に生まれ、鹿児島に育ち、なにも考えず鳥取の大学に巣立ち、さらに東京は地方人の集まりだから優しい人が多いという偏った考えで東京に旅立ったわたし。なんと東京在住X年にして、結婚で地元に帰るというと昭和な進展を迎えることに。。まさか鹿児島に帰るという現実がこんなに早く来るとは…さて、鹿児島に帰ってなにしようかな。。(=゚ω゚)ノそんなどうでもいい毎日の奮闘記。つまりただの日記

長崎県大村市名物!ビールが進む♪ゆでピーナッツ

小ガキ生くらいのころから、おやつにゆでぴーをチョイスするほど

ゆでピーナッツに目がないわたくし。 

*1

 

 そんなゆでぴーちゃん、実は長崎県大村市の名物!らしい!

f:id:kagoshimayoshiko:20161027114922j:plain

ゲット後の写真

 

というわけで早速行ってきましたYOっ!

名物として販売するのは、創業1949年の浦川豆店さん。

f:id:kagoshimayoshiko:20161027113037j:plain

大村駅から徒歩10分くらい

大村宿という駅近くのアーケードを通ってきたので、道中も楽しめる♪

(アーケード内にも直売店があって、思わずそっち行きそうなったけど行くなら本店!

というモットーがあるのでぐっとこらえる)

大村宿という駅近くのアーケードを通ってきたので、道中も楽しめる◎

 

のれんをかきわけ(かき分けるほどの長さではない)店内に足を踏み入れると

お店のおばちゃまが量り売り用のピーナッツを冷蔵するため仕分けてるところ

 

おばちゃま「いらっしゃいませ〜」

 

名物の塩ゆでピーナッツのほか、袋売りで10-20種類くらいの豆が・・・!

そもそも豆に目がないわたくし。(酒のつまみは豆!)

ついついその他の豆に手が出そうだったけど、いやいや今回の目的は

ゆでぴーーーーちゃんっっ!!!

 てなわけで、他はぐっと我慢して

 

かごしまこ「ゆでぴーいくらですか?」

 

おばちゃま「量り売りで100g200円ですよー。」

 

100gてどないな量やねんとかるく疑問に思っていたら

 おばちゃま、小脇に合った袋を指さして

 

おばちゃま「このサイズが300gですよー」

 

数字があまり把握できないわたくし、300gが200円と脳内変換されてしまい

 

かごしまこ「じゃあ300gで」

 

とオーダー。すっかり200円気分でいたら

 

おばちゃま「600円ですー」

 

かごしまこ「え?!」

かごしまこ「あ、100g200円なんですね」

 

おばちゃま『だからそういうたやろが』(おばちゃまの心の声代筆)

 

予定よりもお高めになってしまったが、いやいやきっとうまいしいい買い物だよね

といい買い物をしていると自分を納得させ、支払いをすませる

 

お店を出ると、なんと店前の川を優雅に泳ぐ(?)白鳥を発見!

f:id:kagoshimayoshiko:20161027114420j:plain

思わず写メ

 

これ普通なの?日常なの?いつもどおりなの?

とちょいパニってたら、帰宅中の大村市JKもしきりに写メってたので

きっとやや珍し目な景色なのかも

f:id:kagoshimayoshiko:20161027114606j:plain

ガスト前を通過する白鳥ちゃん

 

f:id:kagoshimayoshiko:20161027114720j:plain

夕焼けとのコラボレーションで超優雅な白鳥ちゃん

 

 ちなみにゲットしたゆでぴーは、もちのろんで晩酌のつまみとなり

一晩で半分(150g!?)消費されましたとさ(デブの極み)

 

塩が利きすぎず、柔らかな豆の食感…

酒の邪魔をせず、いい感じに盛り上げてくれます…(食レポ下手)

 

今晩のビールのつまみにぴったりのひとしなでござい☆

地方発送もしているっぽいYO!

 

地方発送 | 【浦川豆店】 大村名物 元祖 塩ゆで落花生

 

浦川豆店 本店その他 / 大村駅
昼総合点-

*1:ゆでピー・・・塩ゆでした落花生のこと