東京8年、長崎5か月、そして鹿児島Uターンなう人生録

1986年生まれ。鹿児島に生まれ、鹿児島に育ち、なにも考えず鳥取の大学に巣立ち、さらに東京は地方人の集まりだから優しい人が多いという偏った考えで東京に旅立ったわたし。なんと東京在住X年にして、結婚で地元に帰るというと昭和な進展を迎えることに。。まさか鹿児島に帰るという現実がこんなに早く来るとは…さて、鹿児島に帰ってなにしようかな。。(=゚ω゚)ノそんなどうでもいい毎日の奮闘記。つまりただの日記

もっちり、さっくり!焼きたてがたまらない、長崎県大村公園の梅ケ枝焼

さっくりもちもち!さくもちの食感がたまらない梅ケ枝焼は、長崎県大村市玖島の大村公園の中にある料理屋さん梅ヶ枝荘でありつける一品。 

 

 

偶然行き着いたので、名物らしい大村寿司は完全予約制でありつけず。

 

何かありつけられそうな、うまそげなものないかなと少しお店前をうろうろしていたら、「梅ケ枝焼1枚130円」なる魅力的なワードが目に入ったもんだから思わずすぐお店のおばあちゃまに

 

かごしまこ「1つください!」

おばちゃま「今から約から10分くらいかかるけどいいかしらー」

 

もちろん、暇なわたくしは二つ返事で待つことに。

お店の前には紅いじゅうたん?が敷かれたこらまたお茶菓子屋さんっぽい例の椅子が置いてあったのでそこで待つことに

  

 焼きあがるのを待つ間、城跡の石垣の風情ある景色(頑張ってひねり出したボキャブラリー)と、鳥の羽音がするほどの静寂さにうっとり。。

f:id:kagoshimayoshiko:20161026134241j:plain

おばあちゃま、ご丁寧にポットと湯呑を持ってきてくれましたん。

(梅ケ枝焼1つしか食べないの客に何たる丁寧な、こらありがたい・・)

 

ほどなくして、

おばちゃま「お待たせしましたー」

焼きたてほやほやの梅ケ枝焼さん登場! 

f:id:kagoshimayoshiko:20161026133736j:plain

アツアツなうちに・・・!と、サクッとほおばる

 

f:id:kagoshimayoshiko:20161026133925j:plain

「んまっ!」(独り言)

あんこを包んでいるお餅は外側さっくり!内側もっちりの二重奏♪

中のお餅も甘すぎずにさわやかめで口の中を優しく通過していくーーー!!

 

昼ご飯を食べて割とすぐだったけど、そんなことお構いなしにサクサク行けちゃう

すっきり後味の上品なお味の和菓子♪

一緒にいただくお茶と、取り囲む風景もまたおいしさを引き上げてくれる…

 

ごちそうさまでした☆

平日のお昼過ぎにいったので、わたくし以外だれもおらず、お菓子とお茶と風景と、おばちゃま笑と・・独り占めして堪能できちゃいました(^◇^)

 

梅ヶ枝荘のある大村公園はお花に力を入れていて、春は桜、梅雨頃は紫の花(名前忘れたー)など、季節ごとに楽しめるよう。。

まったりリラックスしながら梅ヶ枝荘での和菓子を楽しみたいなら、なーんにもない、平日のお昼過ぎが穴場ですな。

 

ぜひ旦那っちとも食べに来たいなと思いつつ、おばちゃまにお礼を言って後にしやした

 

 (大村公園の梅ヶ枝荘で梅ケ枝焼を食べるまでの道のり)

自転車も車も持たないわたくしはいつも駅から徒歩ルート

大村駅からちょっと(歩いて20-30分くらい?笑)のところに、大村城址がある

 

少し遠いな。。と思っちゃいそうだけど、大村駅から徒歩3分くらいで、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、なつかしさのある大村宿なる商店街があるから、大村公園までの徒歩ルートも暇せずよい

 

↓商店街手前にあるおしゃれな雑貨屋さん

f:id:kagoshimayoshiko:20161026135037j:plain

f:id:kagoshimayoshiko:20161026135103j:plain

 

ちなみに商店街前にあるスーパーは、良質なお肉×お魚が格安で売っており

タイムセールなんかもあるから、帰りに除いてみるべし

f:id:kagoshimayoshiko:20161026135332j:plain

 歩いていくと、車や電車では見つけられない発見があるからよい◎

 

梅ヶ枝荘

食べログ梅ヶ枝荘