東京8年、長崎5か月、そして鹿児島Uターンなう人生録

1986年生まれ。鹿児島に生まれ、鹿児島に育ち、なにも考えず鳥取の大学に巣立ち、さらに東京は地方人の集まりだから優しい人が多いという偏った考えで東京に旅立ったわたし。なんと東京在住X年にして、結婚で地元に帰るというと昭和な進展を迎えることに。。まさか鹿児島に帰るという現実がこんなに早く来るとは…さて、鹿児島に帰ってなにしようかな。。(=゚ω゚)ノそんなどうでもいい毎日の奮闘記。つまりただの日記

落ち着いた空間でまったりランチ|きりん食堂 諫早市

長崎県諫早市に移住して、周辺を知るのにやったのは、Googleearthをみながらの散策

 

お店にカフェに、レストランに、気になるスポットがあったらお気に入りにマークしとく

見知らぬ土地ではこれが1番!

 

んで前からお気に入りに入れてて、行けてなかった“きりん食堂”に今回行ってみたのでレポしてみた

 

なぜお気に入りスポットに入れたかというと、その名前のインパクト!(=゚ω゚)ノ

「きりん」だと!?

とすぐさまかごしまこの目にとまったのだ

 

店舗名て、ほんと大事やね笑

 

◇きりん食堂 諫早市

f:id:kagoshimayoshiko:20161104122036j:image

ランチは11時半からなのでしばしお店の外でまつ

手書きっぽいきりんの看板がかわゆくていやされる、、 2011年からやっているよう

 

オープンしてお店に入ると、まあ当然ながら1番目の客なので、カウンターかテーブル席が選ばせてもらえた(=゚ω゚)ノ

 

かごしまこ「テーブルで、あ、やっぱカウンターで、、あ、でも」

とのんびりできそうな席に悩んでると、お店のお姉さん優しく

おねえさん「お好きな方でお待ちに待ったくださいね〜」

と微笑みながら返してくれた、、

めんどくさがる店員もいるのに、やさしす!

 

んで迷いつつ、お店の雰囲気が楽しめそうなカウンターに座る

かごしまこは長崎県のランチパスポートをもってて、きりん食堂でも使えるから、今回はこれ使おうと思いつつも、メニューもいつも通りチェック

f:id:kagoshimayoshiko:20161104123314j:image

おぉ!(=゚ω゚)ノ

「コトコト煮込んだビーフカレー」う、うまそう、、

ランチパスポートの値段540円税込とあんまかわらんし、、

ネーミングがうまいな!

 

悩んだが最初はまずはお試し価格からと思い、『ランチパスポート』略して『ランパス』のメニューをチョイス

 

店内はジャズ?ぽい曲が流れてて、カウンターでも店員さんは微妙に見えにくいから気にせずまったりできる、、

f:id:kagoshimayoshiko:20161104123444j:image

こちらはカウンター席の後ろにあるテーブル席

足を延ばしてのんびり、リラックスできそう。。

 

夜のおつまいぽいメニューもあって、お酒の種類が豊富だ

↓カウンター席の前にずらりと並ぶ酒の瓶たち

f:id:kagoshimayoshiko:20161104123522j:image

ワインにこだわりがあるようで、ワインリストがあった

日本の美味しいワインを店主さんこだわりでチョイスしてるよう

これは夜も行ってみたいな

 

しばし店内をまったり眺めてたら、ランチ登場!

ランパスメニュー限定の、トマトポークジンジャーライス〜温玉乗せ〜

f:id:kagoshimayoshiko:20161104123759j:image

ランチパスポートに載っている見本写真がちっこかったし、ランパス用に作ったメニューぽいから小ぶりなのかなと思ってたら、、

どーん!!!

f:id:kagoshimayoshiko:20161104123858j:image

まあまあでかい皿できたポークジンジャーライスさんでてきたよ!

ごはんは、白米か十穀米から選べるのが女子的に嬉しい♬

もちろんかごしまこは女子力高く、十穀米をチョイス!(ツッコミ不要)

 

レストランばりに味が複雑で絶妙に調味料が利いている!!!って感じではないけれど、家庭的な優しいお味で、雰囲気に癒されながらゆったりしたランチタイムが過ごせた、、

 

特に夜はドリンクが豊富で、ノンアルカクテルもバリエーションが多いので、飲めない系女子にも喜んでもらえるかも♪

 

女子会、デートなんかによさそうなお店だ♪

 

☆おまけ

おはしもきりん食堂オリジナルでかわいかった♪

f:id:kagoshimayoshiko:20161104124052j:image

 

 

関連ランキング:洋食 | 本諫早駅幸駅